吸収

コラーゲンとゼラチンの関係

コラーゲンは、動物の骨や皮に多く含まれています。
それらを加熱することで3重らせん構造が壊れ、溶け出してきたタンパク質がゼラチンです。
加熱することで抽出、精製されることで出来るゼラチンは、や皮にもともと存在するたんぱく質ではありません。

コラーゲンは特有の3重らせん構造によって、消化酵素では分解されにくくなっています。
この構造のため粘性が強く、保湿性や保水性に優れています。
しかしゼラチンは加熱することで抽出されるので、3重らせん構造が壊れて溶け出したものです。
そのため消化酵素によって分解され消化、吸収されやすくなっています。

手羽元などを使った鍋や、魚の煮物などの汁が冷めると、プルプルとしたゼラチンになります。
コラーゲンを加熱することで溶けだした成分がゼラチンなので、ゼラチンを摂ることはコラーゲンを摂ることにもなるのです。
そのためゼラチンを摂ることでも、肌の保湿やたるみ解消などの効果を得ることができます。

さらにコラーゲンから抽出したゼラチンを、酵素を使ってさらに分解したものがコラーゲンペプチドになります。
コラーゲンペプチドは、体に吸収されやすい状態にまで分子が小さくなっているため、効率的にコラーゲンの効果を得ることができます。


このページの先頭へ