吸収

コラーゲンを摂れる食べ物

美容効果があると人気のコラーゲンですが、その他にも骨や関節、髪など全身に良い効果を与えてくれます。
体中の細胞に含まれているため、毎日の食事から摂ることでしなやかで健康な体を作ってくれます。

魚や肉を煮た次の日に煮汁がプルプルに固まっていることがあります。
実はあれがコラーゲンなのです。
コラーゲンは骨や軟骨、皮などに多く含まれていて加熱することで溶け出し、冷えると固まるゼラチンなのです。
ですから日本食にある「にこごり」は、魚や肉などのコラーゲンがたっぷり含まれた料理といえます。

コラーゲンを多く含んだ食材といえば、フカヒレ、鼈http://www.afriendlyshuttle.com/utukusiihada.html、牛スジ、鳥皮、手羽先、豚足などがあります。
フカヒレや豚足などは普段の食事にはなかなかとり入れることは出来ませんが、魚や手羽先など手軽な食材からコラーゲンを摂ることができます。
魚や手羽先などは骨つきのまま煮込んで、スープも一緒に食べることで効率よく摂ることがでます。

日本食では鍋があります。
軟骨入りつみれやぶつ切りの魚などを入れた鍋は、コラーゲンたっぷりでスープごと美味しくいただける一品になります。
ゼラチンはコラーゲンから作られるので、ゼリーもおすすめです。
ゼラチン以外のゼリーもありますから、購入するときはゼラチンの入ったものを選ぶと良いでしょう。


このページの先頭へ