吸収

コラーゲンで食生活の改善で対応

コラーゲンは体中の細胞に存在しているので、不足してしまうと身体のあらゆる部分に影響が出てきます。
毎日の食事から積極的に摂ることはとても大切になります。
コラーゲンはアミノ酸に分解されるため、食事から摂っても効果が無いと言われることもありますが、一緒に摂る成分との相乗効果や、体内にあるコラーゲンの生成に効果があります。

コラーゲンを多く含んだ食材といえば、フカヒレ、豚足、うなぎなどカロリーが高く高価なものも多くあります。
カロリーの摂り過ぎに注意しながら、上手に摂り入れることが大切です。

手頃な食材から摂ることもできます。
豚の角煮や煮魚、手羽先や手羽元を使ったコラーゲン鍋もあります。
コラーゲンは熱を加えると溶け出してくるので、手羽先や手羽元などをじっくりと煮込み、溶け出したスープに野菜を入れて食べるというものです。
さらにビタミンCを一緒に摂ると、コラーゲンの生成を助けてくれる効果があります。
デザートにイチゴやミカンなどを摂ると効果があります。

煮魚も頭付で煮るとコラーゲンが煮汁に出てきますから、汁ごと食べると多く摂ることができます。
また魚の皮に多く含まれているので、焼き魚などは皮ごと食べるのがよいです。


このページの先頭へ