吸収

コラーゲンの吸収のメカニズム

コラーゲンは分子が大きいためそのままでは吸収されにくいタンパク質です。
そのため胃や腸などのタンパク質分解酵素によって、吸収されやすいようにペプチドやアミノ酸にまで小さく分解されるため、コラーゲンとしては吸収されないと言われていました。
さらに分解されたあと再合成されるのですが、その時にコラーゲンに合成されるとは限らないため、摂取しても効果がないとされていました。

コラーゲンは関節の動きをスムーズにしたり、細胞と細胞をつなぎとめるノリのような役割をするため、柔軟性や粘り強さが必要となります。
そのため他のタンパク質にはないコラーゲン特有のアミノ酸「ヒドロキシプロリン」が含まれています。
このヒドロキシプロリンとつながることで、分解されずにコラーゲンペプチドとして吸収されることが分かってきました。

ヒドロキシプロリンというアミノ酸は、3重らせん構造のねじれを作り、この特殊なつながりかためタンパク質分解酵に分解されにくい性質を持っています。
そのためコラーゲンペプチドとなって血液中に溶け込み長時間存在しているのです。
血液中に溶け込んだコラーゲンは体の隅々まで運ばれ、体中の細胞に行きわたることで細胞を活性化させ、肌のハリや潤い、滑らかな関節の動きなどのコラーゲン生成に効果を発揮してくれます。


このページの先頭へ