吸収

子供がコラーゲンを摂取する事について

コラーゲンはタンパク質の一種で、皮膚や骨、内臓など体のあらゆる細胞に存在しています。
コラーゲンが基礎となり丈夫な骨や、みずみずしい肌を作っています。
アミノ酸やタンパク質は人の体を作るうえで重要な栄養素ですから、子供が普段の食事から摂取しても問題はありません。

コラーゲンを含んだ食品http://richmodels.org/bihadakouka.htmlはカロリーの高い物が多いので、摂りすぎると脂質やコレステロールの過剰となるので注意が必要です。
魚の皮やウロコなどにも含まれているので、煮魚などは煮汁も一緒にとると効果的に摂ることができます。

食事以外にサプリメントを使用する場合は、原料に注意しなければなりません。
コラーゲンサプリメントの原料は、豚や牛、鳥などの動物由来と、魚のウロコや皮などの海洋由来があります。
豚や鳥などのアレルギーがある場合、動物由来のサプリメントでアレルギー反応を起こすことがありので注意しなければなりません。
魚由来の場合は、アレルギーが出にくいと言われています。

コラーゲンを必要以上に摂取しても、多い分は体外に排出されてしまうため意味がありません。
子供の場合はサプリメントを利用するよりも、肉や魚、ビタミン、ミネラルなどコラーゲンの生成に役立つような、バランスの取れた食事を摂ることが大切になります。


このページの先頭へ