吸収

コラーゲンの副作用の心配について

美容と健康に効果のあるコラーゲンは、毎日摂ることで効果を持続することができます。
ですが過剰に摂ったからといって、効果が大きくなるわけではなく、過剰に摂った分は排出されてしまうため効果はありません。
逆に副作用の可能性が出てくることもあります。

また、どのような成分でもそうですが、個人の体質などによっては副作用がでることもあります。
体に合わない場合は、湿疹やじんましん、ニキビ、体調不良をおこすこともあります。

コラーゲンが作られる原料には、豚や牛、鳥などの動物由来と魚の鱗や皮などの魚由来があります。
原料が動物性の場合は、豚、牛、鳥などにアレルギーのある人は注意が必要となります。
また牛は、狂牛病の可能性がゼロではないということも考えた方がよいでしょう。
動物性よりもアレルギーが少ないと言われる海洋性ですが、魚アレルギーの人は注意が必要です。

コラーゲンサプリメントには、コラーゲン以外の成分が入っていることもあります。
その場合コラーゲンではなく、含まれている他の成分でアレルギーが出ることもあります。
またコラーゲンはタンパク質の一種なので、肝臓に病気のある人は飲む前にお医者さんに確認することが重要です。
原材料や成分を確認して、用法・容量を守って続けることが大切です。


このページの先頭へ