吸収

コラーゲンとヒアルロン酸の関係

ヒアルロン酸は1gで6リットルもの保水力を持つ成分で、コラーゲンと密接な関係にあります。
コラーゲンはアミノ酸でできたタンパク質で、3重らせん構造という3本の線がねじれた形をしています。
それが沢山集まることでコラーゲン繊維となります。

ヒアルロン酸は糖で構成されるムコ多糖で、コラーゲン繊維と繊維の間を埋めるように存在しています。
ヒアルロン酸は水分を多く含んだゲル状のため、みずみずしい肌を保ったり、関節の動きを滑らかにしたり、衝撃を抑えるクッションの役割をしています。

コラーゲンとヒアルロン酸は一緒に存在しているため、コラーゲンが不足してしまうとヒアルロン酸を補給しても行き場所がなく無駄になってしまいます。
またヒアルロン酸が不足してしまうと、保水力が低下することで細胞と細胞をつなぎ合わせる力が弱まるため、コラーゲンの効果が十分に果たせなくなってしまいます。
ヒアルロン酸は成長と共に減少していきますが、コラーゲンと一緒に存在することでヒアルロン酸の効果が発揮されるため、コラーゲンが生成されると隙間を埋めるため、ヒアルロン酸の生成が促進されると考えられています。
二つの成分を一緒に摂ることで、肌のハリや滑らかな関節の動きなどに効果を発揮します。


このページの先頭へ