吸収

コラーゲンが配合されるメカニズム

コラーゲンは身体のあらゆる細胞に存在しているタンパク質で、アミノ酸がたくさんつながって出来ています。
そのため、分子が大きくそのままでは吸収することができません。
食べ物から摂ったアミノ酸は、胃や腸の消化酵素によってアミノ酸ペプチドにまで分解され、消化・吸収されるのです。

分解されたコラーゲンは再度合成されますが、再び同じコラーゲンになるとは限りません。
そのためコラーゲンを食事から摂っても無駄だと言われています。
ですが体内でのコラーゲンの合成を促す効果があり、コラーゲン生成に必要な成分が含まれているので積極的に摂取することは大切です。

分解されたアミノ酸ペプチドが再びコラーゲンに合成されるには、ヒドロキシリジンとヒドロキシプロリンという特別なアミノ酸と、ビタミンCが必要になります。
特にヒドロキシプロリンは、コラーゲン特有の3重らせん構造を作る重要な役割を持っています。

また3重らせん構造は、酵素によって水素結合することで作られますが、ビタミンCは酵素の働きを促進させてくれます。
ビタミンCが不足するとヒドロキシプロリンを作り出せないため、正常なコラーゲン分子が作られません。
それによって血管の壁が弱くなり、壊血病の原因となってしまいます。


このページの先頭へ