吸収

コラーゲンに含まれる栄養素

コラーゲンにはプロリンという不可アミノ酸が含まれています。
これは体内では生成できないため、食べ物から摂取する必要があります。
タンパク質の多くに含まれていますが、特に多く含まれているのがゼラチンやコラーゲンです。
多くのアミノ酸の中で、アルコールに溶けるという特性を持っています。
傷の治癒力を高めたり、脳の活性化に効果があると言われています。

プロリンと一緒にコラーゲンの安定を担っているのがヒドロキシプロリンです。
アミノ酸の一種で、表皮細胞の増殖を促し、角質層の保湿やコラーゲンの生成を促す重要な働きをしています。
繊維芽細胞の機能を回復したり、増殖を促進してくれます。
ヒドロキシプロリンの働きが弱くなると、毛母細胞に十分な栄養が届かず抜け毛の原因となります。

プロリンのヒドロキシル化したものがヒドロキシプロリンです。
ヒドロキシル化にはビタミンCが使われます。
そのためビタミンCが不足すると、ヒドロキシプロリンが減少し壊血病の原因となります。

コラーゲンは他のタンパク質にはない3重らせん構造によって、消化されにくくなっています。
このコラーゲン特有のらせんを作り出し、3重らせん構造の安定化を担っているのがプロリンとヒドロキシプロリンです。


このページの先頭へ