吸収

ダイエットとコラーゲンの関係

美容効果で知られているコラーゲンに、大きなダイエット効果はありませんが、ダイエットによる肌荒れを防いだり、食事制限などによる栄養不足を補うという効果があります。
コラーゲンはタンパク質の一種ですから、体の新陳代謝を良くしてくれる働きがあります。
細胞分裂を促進して、脂肪を燃やしてくれるのです。

理想的なダイエットは、摂取カロリーを抑えて健康的できれいに痩せることです。
過剰な食事制限をして痩せても、栄養不足からの肌荒れや健康を害しては意味がありません。
摂取カロリーを抑えながら、必要な栄養素も摂り入れられるという点では、ゼラチンはダイエットに適した食品と言えます。

ゼラチンはコラーゲンを加熱することで抽出されるタンパク質です。
ですからコラーゲンと同じような成分が含まれていますが、分子が小さいため体に吸収されやすくなっています。

食事からコラーゲンを摂ろうとすると、豚足やフカヒレ、うなぎなどカロリーの高い食品が並んでしまいます。
ゼラチンならカロリーが低く、ダイエットの敵となる脂質やコレステロールも含まれていません。
そのうえ、体内では生成されない必須アミノ酸が含まれているので、カロリーを抑えて必要な栄養を摂ることができるのです。


このページの先頭へ