吸収

コラーゲンサプリメントの分析に関して

さまざまなコラーゲンサプリメントが販売されていますが、それぞれ含まれる成分や吸収率が違うので、自分に合ったものを見つけることで効率よく摂取することができます。
コラーゲンには真皮や靭帯、骨など人の体に多く存在するコラーゲンⅠ型と、関節の軟骨に含まれて年齢と共に減少するコラーゲンⅡ型があります。
このⅠ型、Ⅱ型は分子が大きいためサプリメントで摂取しても、体に吸収されにくいタイプです。
また、サプリメントの成分に「活性Ⅱ型」と表示のあるものは、分解処理されずに抽出されたもので、原料のもつ力をそのまま吸収することができます。

原料には、豚や牛、鳥などから抽出された動物由来と、魚皮やウロコから抽出される海洋由来があります。
動物由来のものは、豚や鳥などでアレルギー反応が出ることがあります。
海洋由来はアレルギーが少なく、アミノ酸に分解されやすいため、吸収されやすいと言われています
海洋コラーゲンも魚皮とウロコの2種類があり、それぞれ特徴が違ってきます。

魚皮を使ったものは、化学処理が必要ないため体に吸収されやすくなっています。
ウロコを使ったものは、塩酸処理されているため吸収されにくくなっています。
また海水の冷たいところに生息している魚の方が、消化酵素で分解されやすいという特徴があります。
原材料によってアミノ酸組織や配列、コラーゲンペプチドの種類も違うため、体への吸収の速さや効果も違ってくるのです。


このページの先頭へ