吸収

アンチエイジングとコラーゲンの関係

抗老化ともいわれるアンチエイジングは、年齢を重ねることでおこる身体機能的な老化を、出来るかぎり遅くすることで、いつまでも若々しくいようとすることです。
紫外線やストレス、油の多い食事などによって、体の中では活性酸素が発生します。
活性酸素は細胞を酸化させ、シミやシワなど様々な老化現象を引き起こす原因と言われています。
皮膚の細胞が酸化されると、コラーゲンが硬くなるため新しいコラーゲンの生成を妨げとなります。
肌の弾力がなくなりたるみの原因となるのです。

真皮はコラーゲンの束が柱となり、その隙間にエラスチンが張り巡らされています。
紫外線を浴びると、コラーゲンを切断する酵素が発生し、肌の弾力が失われてしまいます。
加齢などによるコラーゲン不足や、機能が低下しているとシワの原因となります。

女性ホルモンの影響によって皮脂腺の分泌量が減少すると、肌が乾燥しやすくなります。
肌の乾燥は繊維芽細胞の働きを抑えてしまいます。
それによってエラスチンやコラーゲンの生成が減少することも肌の老化原因となります。
コラーゲンは体中のあらゆる細胞に存在しているため、コラーゲン不足や生成の減少は老化現象を引き起こす一因となります。
普段からコラーゲンを積極的に摂ることで、アンチエイジングの効果http://www.yokkof.jp/anntieijinngu.htmlを得ることができます。
コラーゲンを体内に取り込む方法は、コラーゲンが含まれている食品を日常生活で食べるかサプリメントやドリンクなどで摂るかです。
サプリメントタイプはお手頃価格で売っているため手軽にいつでも飲めるサプリメントタイプが一番人気のようです。



このページの先頭へ